目的/用途別に応じた最適な計測技術を提案し、顧客ニーズに合致した高精度な地理空間情報を提供します。

■航空測量(航空写真・航空レーザ)、ドローン(UAV)、3次元データマネジメント、その他測量作業全般

航空写真測量

航空写真測量は、航空機・人工衛星・ドローン等によって撮影された空中写真画像から、地形図の作成や3次元データを取得する測量技術です。

デジタルステレオ図化機を使って、航空写真を立体視しながら地形・地物(道路や家屋等)の正確な位置や高さ情報を、デジタル地図データとして取得していきます。空中写真測量で作成される地形図は、GIS(地理情報システム)や3次元解析等、幅広く利用することができます。

|デジタルマッピング

デジタルマッピングとは3次元CADシステムツールを用いてデジタル形式の地形図(数値地形図)を作成することです。この数値地形図は都市計画図・各種設計図・台帳図・GIS(地理情報システム)の背景など様々な用途に使用される重要なデータとなります。また、3次元地形データとして取得することにより、よりリアルに地形を把握することが可能となります。

デジタルマッピングによる3次元地形データの構築

3次元地形データより3次元モデルの構築を行うことで、より正確な地形の表現が可能になります。また、写真地図(歪みを調整した航空写真)を反映させることにより、 視覚的に分かりやすく表現された3次元鳥瞰図を作成することができます。

ドローン(UAV)

UAVは、Unmanned Aerial Vehicle(無人航空機)の略称で、一般的にはドローンと呼ばれています。機体にGNSSやジャイロセンサーなど高性能センサーを搭載し、撮影作業を行います。

人が立ち入ることのできない場所や直接目視できない部分において、遠隔操作により空中から安全に静止画や動画の撮影を行うことができます。

|ドローンによる写真測量

ドローンで連続した航空写真を撮影し、3次元形状復元ソフトで写真画像から3次元データを作成します。
現場での作業は標点設置と空影だけのため、光波による測量や3次元レーザースキャナによる3次元測量にくらべ、現場作業時間が非常に短いことが特徴です。

高画質の写真や動画を手軽に撮影できるドローンは、安全に飛行させるための技術と、飛行可能エリアであるか判断する知識。そして、許可申請を行う必要があります。

 <活用事例>
  • i-Constructionにおける出来形管理
  • 空中写真を用いた数値地形図作成
  • 空中写真を用いた三次元点群作成
  • 工事進捗状況、災害状況の把握
  • 橋梁等インフラ構造物の調査・点検
  • 危険区域、立入り制限区域の撮影

|ドローンレーザ計測

ドローンレーザは、レーザスキャナ、GNSS、IMU(慣性計測装置)などをUAVに搭載し、低空飛行しながら行う移動計測です。低空からのレーザ計測のほか自己位置や姿勢情報などの補正情報も取得し調整計算や解析を行うことで、高密度高精度な3次元点群データを取得します。

取得されたデータからは、オリジナルデータ(点群データ)の他、グラウンドデータ・数値表層モデル(DSM)・数値標高モデル(DEM)といったデータを作成することができ、地形測量への利用だけでなく、様々な利活用も可能となります。